ストレスと育毛!ストレスを無くせば髪の毛が生えてくる!?

Posted on 2018年12月27日 by


ストレスが薄毛の原因の可能性

ストレスと薄毛には深い関係があるのをご存知ですか?ストレスがたまると自律神経に乱れが生じたり、血管の収縮を引き起こすことになります。髪の毛が作られる毛母細胞は、毛乳頭と呼ばれている部分が毛細血管から栄養を受け取ることで活動することができます。ストレスにより血行不良を起こしてしまうと、毛乳頭に栄養が届きにくくなるため、細く短い毛が育ち、抜け毛の原因になるのです。また、ストレスがたまると、そのストレスと戦うために身体の中にある亜鉛がたくさん消費されてしまいます。亜鉛はケラチンという髪の毛に必要なたんぱく質を合成するためには欠かせません。太く健康な髪の毛を作るために欠かせない亜鉛ですが、ストレスに対抗するために亜鉛が消費されてしまうと、髪の毛を育てるという役目が果たせなくなってしまうのです。

ストレスを無くせば髪の毛が生えてくる

ストレスが原因で薄毛になってしまっている場合、ストレスを無くしていくことで、早い人は半年で髪の毛が生えてくることがあります。ストレスによる薄毛の原因として深刻なのがヘアサイクルの乱れですが、ストレスのない生活を続けることで、ヘアサイクルは改善されていきます。ヘアサイクルが改善されれば、髪の毛を育てる時間が長くなり、太い毛や長い毛が生えてくるでしょう。ストレスを無くすためには「良質な睡眠」を心がけなければなりません。また、育毛にはココアを飲むのがおススメです。ココアにはポリフェノールが含まれており、ポリフェノールはストレスに対抗する効果があります。ココアには亜鉛が豊富に含まれているだけでなく、リラックス効果や血液を促進させて体を温める効果もあり、栄養が髪の毛に届きやすくなるでしょう。

髪の育毛には時間がかかることが一般的ですから、短期間で効果を期待せず、焦らず腰を据えて取り組むことが大切です。