腰痛を予防する方法とは?効果的なストレッチを三つ紹介します

Posted on 2019年3月29日 by


寝ながら簡単ストレッチ

パソコンワークが多くついつい運動不足になりがちな方ほど腰痛を発症する可能性が高くなります。そんな時、毎日の習慣として腰のストレッチを行っていけば腰痛を予防したり改善することができますよ。まず初めにお勧めなのは夜寝る前や朝起きた時に寝ながらやるストレッチです。バスタオル2枚をくるくる丸めて棒状にしたら背骨に沿うようにその上に仰向けになって寝ます。両腕を広げた状態でひじを90度に曲げたら2分間ほどその姿勢のままでいます。

テレビを見ながらながらストレッチ

次にお勧めのストレッチはテレビを見ながらやるながらストレッチです。両足を開いた状態で立ったら、背中の肩甲骨を意識しながら両肩を上に引き上げます。この時ポイントとなるのは息をゆっくり吸うことです。次に両肩をゆっくり下げていきますが、力を抜いてできるだけ下に下げることです。息はゆっくり吐いていきましょう。肩を上げて下げての動作を10回繰り返します。一見肩こりのストレッチに見えますが、実は腰痛と肩こりはかなり関係性が深く、肩こりがひどいことで腰痛を発症したり悪化することがあるのです。

お尻のストレッチで腰をほぐします

最後にお勧めするのはお尻のストレッチです。まずは床の上に座り、右太ももの上に左足を乗せます。左側のお尻周辺を伸ばすように意識しながら背筋をピンと伸ばします。この状態で15秒キープしたら同様に反対側も行います。お尻のストレッチをすることでお尻周辺から腰にかけての筋肉をほぐすことができるので、腰痛予防につながります。

腰痛を注射で治療する事によって痛みを和らげる事が可能です。痛みから解放されるので患者としては非常に良いものです。