肩こりのかた必見!原因から治療までのまとめ

Posted on 2019年3月30日 by


なぜ肩がこるの?原因ってなに

肩こりの原因には様々なことが考えられていますが、よく長時間同じ姿勢でのデスクワークがあげられます。首や肩周辺の筋肉が長時間緊張状態が続くことで、肩こりの症状を引き起こしてしまいます。日常生活が原因で症状がでるものも多く、長時間のパソコンや携帯電話による目の疲れなども、肩こりの原因のひとつです。他にも運動不足やストレスなどがありますが、筋肉が長時間緊張状態になることが肩こりの症状を引き起こす原因とされています。

治療方法にはどんなものがあるのか

自分でできる肩こりの治療法としては、3つあります。1つ目は、ぬるめのお湯にゆっくりとつかることです。温める事で血行を良くし、痛みや不快感を軽減する事ができます。2つ目は、軽めのマッサージです。強い痛みをともなうマッサージは、余計に筋肉を緊張させて疲労を与えてしまうため注意が必要です。痛みを感じないようにさすったり、軽くもんだりする程度にしましょう。3つ目は、市販の薬を使って痛みをやわらげることです。お店の人に症状を相談した上で、鎮痛作用のある外用貼付薬や内服薬などを使用しましょう。いずれも効果がでない場合は、我慢せずに病院で受診するのが懸命です。

肩こり治療の注射は効果的

肩こりは注射治療が効果的です。神経ブロック注射は、局部麻酔薬で痛みを軽減してくれ、保険適応のため安価で受ける事ができる治療法です。ボトックス注射は、ピンポイントで痛みをやわらげてくれる効果があり、個人差はありますが数カ月は効果が持続する注射です。ただし保険が適応とならないため、治療には1万円以上かかります。トリガーポイント注射は、血流を良くしてくれます。一時的なものですが、保険適応でクリニックでも受ける事が出来るため安心です。

近年、肩こりを注射で解消するという新しい治療法が注目されています。副作用が少なく効果の実感も早いため、より安全に、短時間で肩こりを解消することができます。